こんにちは!古田整体院です(‘ω’)ノ

今日は、とっても暖かいですね~。お花見、お散歩日和です♪

 

さて、今日は先日2ヶ月の赤ちゃんの小児はりの様子をブログでご紹介致します。

 


0歳2ヶ月 女の子

ママのお悩みは、背中スイッチ(抱っこから布団などに寝かせようとすると泣いてしまう)、

夜もお母さんのおっぱいを咥えてないと泣いてしまい、お母さんがなかなか眠れず、、、といったご相談でした。

赤ちゃんに小児はりをしてみると、、、、

お腹の音や頭皮の緊張があり、いわゆる『疳の虫』という状態でした。

生まれて1年間の間、赤ちゃんはものすごいスピードで成長していきます。

(歩けなかった、寝返りも打てなかった状態から1年でもう歩いたり走ろうとすることが出来るのですから、

その成長スピードはすごい速さです。)

一生懸命周りからの情報を吸収し成長しようと頑張っているそんな時、筋肉や骨格系の成長と、

それを動かす脳や神経の成長とうまくバランスがとれていれば良いのですがバランスが崩れてしまうとこのように身体の緊張が強くなってしまい

ちょっとした物音、肌の感触などに敏感になり、今でいう『背中スイッチ』が発動します。

 

↓↓こちらが治療風景です。

緊張があるところ(青マルで囲ったところの肌の色がくすんでいて緊張しています)

そこに鍼で撫でてあげると、それまでパタパタ動いていた手足の動きがとまり、赤ちゃんが静かになります。

赤ちゃんも気持ちがいい刺激を感じている証拠です。

こんな風にその日の赤ちゃんの状態に合わせて、ママに抱っこしてもらいながら鍼をする日もあります。

 

この赤ちゃんはすでに3回の小児はりをしましたが、

回を追うごとに睡眠時間がながくなり、背中スイッチの発動も減ってきました。

疳の虫は、おっぱいの飲みも悪くなったり減ったりするのですが、最近ではおっぱいもしっかり飲むようになってきたそうです。

 

 

お母さんからも、少し楽になってきました(^-^)というお言葉もいただきました。

(嬉しいーーーーーー!!!!)

 

背中スイッチや頻回授乳で寝不足のママ。。。

大師流小児はりはそんなママのお手伝いが出来るかもしれません。

お子さんの状態が変われば、ママの体も楽になります。

是非一度、お気軽にご相談くださいませ。

 


5/1(水)

小児はり体験会&相談会

10:30~12:00まで

(30分のお話会のあと、お子様お一人お一人に小児はりをしていきます。

体験が終わり次第解散なので、お一人様1時間ほどお時間見て頂ければと思います)

参加費500円

持ち物バスタオル1枚

定員お子様10名まで☆

お気軽にお問い合わせくださいませ(*’ω’*)

 

 

新規コメントの書き込み